キウォフハートを飲ませてみよう!使用方法と注意点

フィラリア症予防薬として高い効果を発揮するキウォフハートですが、その効果を最大限に引き出すためには、正しく投与することが必要不可欠です。愛犬に投与する前に、あらためて使用方法や使用時の注意点をチェックしておきましょう。

投与しやすいチュアブルタイプ

すでにTOPページでも紹介しましたが、キウォフハートはチュアブルタイプとして作られたフィラリア症予防薬です。嗜好性が高く、食いつきの良さに定評がありますが、どのようなワンちゃんに適しているのでしょうか。

こんなワンちゃんにピッタリ!

キウォフハート・チュアブル

最近はドッグフードだけでなく、犬用のオヤツも多く販売されています。キウォフハートは、そんなオヤツが大好きなワンちゃんにピッタリのフィラリア予防薬といえます。

犬用のオヤツとして開発されている商品は、そのほとんどがミートやチキンの風味に加工されています。この香りによって犬の食欲を増進させ、食いつきを良くします。

キウォフハートも同じように犬好みの風味に加工することで、“オヤツ感覚で口にできる薬”として作られています。そのため、錠剤タイプの薬が苦手なワンちゃんでも、オヤツと勘違いして口にしてくれやすくなります

どうしても食べないときは?

ドッグフード

チュアブルタイプは、飲み薬が嫌いなワンちゃんにも投与しやすくする目的で作られています。とはいえ、だからといって万事うまくいくわけではありません。中には、チュアブルタイプの飲み薬でも口にしてくれないワンちゃんもいるでしょう。

そんなときは、ドッグフードに混ぜて与えるのがおすすめです。細かく砕いて混ぜてあげれば、より違和感なく食べてくれる可能性が高まります

それでもやはり食べてくれない場合は、首筋に適量を垂らすだけでいいスポットタイプの薬に切り替えることをおすすめします。

服薬期間と使用時の注意点

服薬期間と使用時の注意点を説明する医者

“オヤツ感覚で食べられる”とは言いましたが、キウォフハートは強力な作用を発揮する医薬品のひとつです。むやみに与えすぎてしまうとワンちゃんの体に負担がかかり、逆に体調不良や副作用を引き起こすリスクが高まります

そのような事態を防ぐためには、用法用量に沿って正しく投与することが大切です。

蚊がいなくなっても油断は禁物

蚊のイラスト

TOPページで説明したように、キウォフハートは予防効果に優れた薬です。その効果の持続期間は1ヶ月と長いため、月に1回1錠を投与するだけでフィラリアの侵入や成長を阻止します

しかし、その一方で気になるのが「投与期間」ではないでしょうか。毎月投与する必要があるのか、それとも特定の期間内に投与すればいいのか。

結論から言えば、正解は後者です。フィラリア症は、ミクロフィラリア(フィラリアの幼虫)の体内寄生が原因で発症する病気

元凶であるミクロフィラリアは、蚊を媒介にしてペットの体内に入り込むという性質を持っています。蚊がペットから血を吸うために接触したタイミングを狙って、蚊の体内からペットの体内に移動するのです。

つまり、蚊が活動する時期にさえキウォフハートを投与すれば、愛犬をフィラリアの危険から守ることができます

蚊がいなくなったからといった投与をすぐにやめないことを指摘する医者

肝心の蚊の活動時期についてですが、蚊は暖かい環境を好むことから、だいたい6~8月あたりの夏場をイメージする方が多いのではないかと思います。

しかし、実際は早ければ4月頃から発生し始め、そのまま11月頃まで活動を続けています。少なくとも、この期間中は毎月投与してあげるほうがいいでしょう。

ただし、これはあくまでも目安であり、地域によって蚊の発生時期および活動時期は変動します。温暖な地域であれば3月から蚊が発生したり、11月を終えても蚊が活動していたりといったこともありえるので、気温の変化を伺いつつ、臨機応変に対応しましょう

また、注意しなければいけないのは、「蚊がいなくなったからといった投与をすぐにやめないこと」です。

まだミクロフィラリアが愛犬の体内に残っている可能性があり、ここで投与をやめてしまうとすべてが水の泡になりかねません。少なくとも、蚊がいなくなってからも1ヶ月間は投与を続けるべきでしょう

愛犬の体重に合ったものを与えよう

キウォウハート3種類

キウォフハートには、「小型犬用」「中型犬用」「大型犬用」の3種類があります

それぞれ対象とする犬の体重にあわせて成分を配合しているため、愛犬に不適切なものを投与してしまうと、逆に体調不良や副作用を引き起こす危険性が増します。

11kg未満のワンちゃんには小型犬用、12~22kgのワンちゃんには中型犬用、23~45kgのワンちゃんには大型犬用と決まっています(体重が45kgを超える場合は、体重にあわせて各種類を組み合わせたうえで投与する必要があります)。

過剰に与えてしまうと副作用の原因になりかねず、逆に不足してしまうとキウォフハート本来の効果を満足に得られない可能性があります。

そうならないために、事前に愛犬の体重を測ったうえで適したものを選ぶようにしましょう

TOPへ